自動車保険加入のメリット(自動車保険比較口コミ)

自動車保険加入のメリット(自動車保険比較口コミ)

TOPページ 自動車保険の基礎知識 > 自動車保険加入のメリット

 

自動車保険加入のメリット


自賠責保険だけでは足りない?

自動車の自賠責保険では、対人補償として


○死亡・・・3000万円まで

○後遺障害・・・3000~4000万円まで

○ケガなど・・・120万円まで

といった支払いが可能です。

「最高3000~4000万円まで出るなら充分じゃないか」と考える人もいるかもしれません。しかし、とある統計によると、とくに死亡事故においては、自賠責保険の限度額である3000万円を超える金額を請求されるケースが半分以上になるとの報告もあります。

どんなに安全運転を心がけていても、自分がその加害者になる場合が絶対にないとは言いきれません。万が一のケースに備えようとすると、自賠責保険だけでは足りないという現状が半数以上だということです。また、ケガにたいしても補償は少なく、最高120万円というのは心もとないケースが大半です。

加えて、自賠責保険は対人事故のみの補償です。事故が起こったときには相手だけではなく、運転者自身や車などに関しても損害が生じていることが多いのですが、それらについては適用外となっています。

自賠責保険は国の強制のもと大切な保険とはいえ、それだけでは補えない損害もたくさんあります。自動車の任意保険は事故の相手だけではなく、ユーザー自身やユーザーの家族などを損害から守るためのものでもあるのです。

あらゆるケースを考え、任意保険に加入しておくことは重要です。


自動車保険の種類

それでは、任意保険にはどのようなものがあるのでしょうか。

各自動車保険会社によってさまざまな呼び名がつけられて(または、特約として扱われて)いますが、おもな内容は以下のとおりです。

○対人賠償保険・・・・・事故によって他人を死傷させてしまい、賠償責任を負うことになった場合の補償です。自賠責保険の限度額を超えて支払い額が生じた場合に、その超過分を補います。
○対物賠償保険・・・・・事故によって他人の財物に損害をあたえ、賠償責任を負ったときの補償をします。
○搭乗者傷害保険・・・・事故により、同乗者が死傷してしまった場合の保険です。
○人身傷害補償保険・・・事故時、ユーザーの過失程度にかかわらず契約限度額まで補償してくれる。保険の対象範囲も広く、ユーザーとその家族が、車(契約車または他の車)にのっていて遭遇した事故、さらに歩行中に遭遇した事故にも対応。「完全補償タイプ」などの保険では、この“人身傷害補償保険”がセットに含まれています。
○自損事故保険・・・・・運転者自身が、自分の責任で起こした単独事故で死傷したときに補償されます。
○無保険車損害保険・・・事故の際、相手側が保険に入っていない、または保険に入っているか特定できないなどの状況下で、自分や同乗者が、死亡またはケガなどを負った場合の補償です。
○車両保険・・・・・・・自分の車が壊れた・壊されたなどのときに補償する内容です。他人との事故・単独事故・火災・台風・盗難など、さまざまなケースが考えられますが、保険会社により補償範囲がわけられており、必要である補償の範囲を選ぶことができます。


最低限入っておくべき自動車保険は?

上記でご紹介した種類の自動車保険(特約)にすべて加入しておかなくてはならないわけではありません。

しかし、「対人賠償保険」「対物賠償保険」「搭乗者傷害保険」の3つについては最低限加入しておいたほうがよいでしょう。もっとも利用の可能性が高いものだからです。

「車両保険」などは加入しない人も多いのが現状ですが、運転初心者や高級車のユーザーなどは加入されたほうがよいでしょう。

また、必要な保険をパックにした自動車保険商品も各企業で用意されており、内容や契約対象などで「SAP」・「PAP」・「BAP」などと分かれています(保険会社オリジナルの名前がついていることもあります)。


自動車保険料、できるなら安くしたいけれど…

一般的に、やはり保険料は安くすませたいものですが、安さだけを重視して、いざというとき必要な補償を受けられないのでは意味がありません。

先述の「自動車保険の種類」では、おおよその補償内容をご紹介しましたが、各自動車保険会社によって補償の内容がこまかく違ってくることがあります。

必要な補償がきちんと受けられる内容かどうか、確かめて加入しましょう。

ページトップへ↑