自動車保険、見積もりの前に(自動車保険比較口コミ)

自動車保険、見積もりの前に(自動車保険比較口コミ)

TOPページ 自動車保険・比較体験記 > 自動車保険、見積もりの前に

 

自動車保険、見積もりの前に


さまざまなCMでもよくうたわれている「自動車保険の見直し」。

ちょうど保険満期が近い車があったので、インターネットでの保険料見直しを、実際に体験してみました。

自動車保険の切り替えを考えているかたも、新しく自動車保険に入ろうとしているかたも、ぜひ参考になさってください。

まずは、基本事項の確認からです。

保険の見直し・見積もりをするにあたって、基本的なことがらをまとめてみました。

見積もりに必要なものは?

自動車保険の見積もりに必要なものは以下のとおりです。

【すでに自動車保険に加入している人】

○免許証……各情報の確認につかいます。
○保険証書……現在契約中の保険証書です。各情報の確認につかうとともに、新旧・保険内容の確認をします。
○車検証……各情報の確認につかいます。

【新車購入など、新規に自動車保険に加入する人】

見積もりを依頼するところによって異なる場合がありますが、おおよそは以下の2つです。

○免許証……各情報の確認につかいます。
○車検証……納車待ちなど、車検証が手元にない場合もありますが、その場合コピーを販売店などに送ってもらうか、または車の「メーカー名・車種名・型式・初度登録年月」を販売店などにきいておきましょう。


見積もりできないケースがある?

各保険会社やサイトによって条件は異なりますが、インターネットをつかった見積もりができないケースがあります。なお、インターネットをつかった見積もりができなくても、電話でならOKというところもありますので、各保険会社に問い合わせてみてください。

・過去1年以内に、自動車保険会社から保険を契約解除された人。
・過去2年以内に、“特別危険保険料適用通知書”を受けとった人。
・特殊用途自動車ナンバー(8ナンバー)、普通貨物車(1ナンバー)。
・福祉車両など。
・改造車。
・旧年式車種の一部。または最新モデルでデータがない場合など。
・自家用車を、有償で貨物を運ぶのに使っている人。
・指定危険物を運搬、またそれをけん引している人。
・曲技やラリーなどに車をつかう人。


契約内容を確認しよう!

見積もりにあたっては、契約内容の確認が大切ですね。

要・不要を見極めて、最適な保険に入りましょう。

【現在自動車保険に加入している人】

保険証書を見なおしてみましょう。
不要な補償はないでしょうか? かつ、必要な補償はきちんとついているでしょうか?
保険料の見直しをするときには、ほとんどの人が「保険料を安くしたい!」という考えをお持ちだと思います。保険料を安くするためには、特約などの思いきったカットが有効ですが、その一方で外せない補償もあると思います。
必要なものと、そうでないものを、今一度ご確認ください。

【はじめて自動車保険に加入する人】

最低限、「対人保険」「対物保険」「搭乗者損害保険」「人身傷害保険」の4つは加入しましょう。事故の相手方、自分とその同乗者を守るために基本的な保険です。また、「自損事故保険」「無保険車傷害保険」などもつけるとさらに補償が手厚くなります。

自分の車両にも補償をつけたい場合は、「車両保険」にも加入しましょう。


見積もりはどこでできるの?

さて、基本的なことを確認したら、さっそく見積もりです!
見積もりは各保険会社・代理店に電話で問い合わせてもOKです。

しかし、なんといっても便利なのはインターネットですよね。保険会社の個別サイトでも見積もりができますが、もっと便利なものが存在します。

それは、『自動車保険・一括見積もりサイト』です。

ページトップへ↑