自動車保険の見積もり(自動車保険比較口コミ)

自動車保険の見積もり(自動車保険比較口コミ)

TOPページ 自動車保険の基礎知識 > 自動車保険の見積もり

 

自動車保険の見積もり


自動車保険、見積もりのすすめ

自動車保険の見積もりは、基本的に各社“無料”ですし、もちろん見積もり依頼をしたからといって加入しなくてはならないわけではありません。

現在は、以前とくらべて自動車保険会社が増え、保険内容もより豊富になり、またこの傾向はこれからも続くことと思われます。ユーザーにとって自動車保険の見直しをすることは、そのたびにピッタリな保険をみつけるチャンスだといえるのです。

「めんどうだから」と、更新ハガキがきたらそのまま更新をする人が意外に多いのですが、ちょっとした手間をかけるだけで、あなたの保険料は、もっと安くなるかもしれません。


見積もりするタイミングは?

基本的には、契約中の保険の満期が近くなり、更新を考えるころでしょう。

満期を過ぎてタイミングが遅いと契約を断られる可能性がありますし、早すぎても見積もりを受けられないことがあります。

保険更新時は満期の2~3ヶ月前がもっともよいタイミングとされています。

他に考えられるのは新しい車の購入時です。つぎの2つのケースがあるでしょう。

○初めて車を買う人・・・見積もりの際には車検証を見ながらが理想なのですが、納車待ちなどの理由で手元にないときは、最低限「型式・排気量・初度登録年月・形状」を販売店などに確認しておきましょう。
○車を買い替えた場合・・・こちらも、基本は車検証を参考にしながらの見積もり依頼がスムーズです。しかし手元に車検証がない場合は、最低限「型式・排気量・初度登録年月・形状」を販売店などに確認しておいてください。ただ、契約中である保険の満期と納車予定日が大きくズレている場合、タイミングが早すぎて新保険の見積もりを受けてもらえないことがあります。

見積もりはどこでできる?

自動車保険の見積もりをとる方法はいくつかありますが、主に2通りでしょうか。

各保険会社に直接見積もりを依頼する方法

電話、または各保険会社のインターネットサイトにある見積もり申込フォームに記入します。

メリットとしては、とくに電話でオペレーターとやりとりしながら見積もりをしてもらう場合、細かいところまで詳しく聞くことができますので、より詳細な見積もりを取ることができます。

逆に、1社1社を個別にあたらなくてはなりませんので、他社の保険と比較検討するのに時間がかかることがデメリットです。

インターネットの“自動車保険・無料一括見積もりサイト”を利用する方法

無料一括見積もりサイトでは、内容を記入するとそのサイトに登録している保険会社に一斉に見積もりを依頼することができます。

メリットは何といっても複数社の自動車保険の比較が簡単にできることでしょう。

しかし、出される金額はあくまで概算であるため、実際に契約するときには若干差がでてくることがあります。気になる保険会社をいくつかピックアップした上で、それぞれ詳細に見積もりを依頼しましょう。


見積もり時に必要なもの

自動車保険の見積もりで必要なものは以下のとおりです。

○免許証・・・免許を取得した日付(=運転歴)を報告するとき参考にします。
○車検証・・・保険に加入する車両の詳細(車種など)を報告するとき参考にします。
○契約中の自動車保険証書・・・契約中の任意自動車保険証書です。現在の契約内容を報告するのに参考にします。


見積もりができない?

以下のような例は、インターネット経由の見積もりが利用できないことがあります。

○過去1年に、保険会社から保険契約を解除させられた人
○過去2年以内に“特別危険保険料適用通知書”を受けとった人
○キャンピングカーや、特殊な用途の自動車(8ナンバー)
○貨物車(1ナンバー)、自家用で貨物を有償で運搬している車、危険物を運搬・牽引している車
○福祉車両、一部の旧年式モデルなど
○改造車、ラリーやレースに使用する車
○現在車を所有していないが、購入計画もない人など

なお、インターネットで見積もりが取れなくとも、電話による問い合わせは受けてくれることがあります。また、各社規定に違いがあることがありますので、各サイト「取り扱い範囲」の項目をチェックしましょう。

ページトップへ↑