代理店かダイレクトか?(自動車保険比較口コミ)

代理店かダイレクトか?(自動車保険比較口コミ)

TOPページ 自動車保険の選び方 > 代理店かダイレクトか?

 

代理店かダイレクトか?

自動車保険を安くする方法に、“代理店を通さない”というものがあります。いわゆるダイレクト(保険会社の直販)で契約することによって、保険代理店がとるマージンをなくそう、という方法です。

しかし、一概にダイレクト系がいいとは限らない場合もあります。ユーザーによってどちらが良いか分かれますので、それぞれのメリット・デメリットについて少し見てみましょう。

ダイレクト系自動車保険

これまでの自動車保険は、保険代理店をとおして契約するのが一般的でした。しかし、ダイレクト系自動車保険では、インターネットなどを通じて保険会社が商品を通信販売し、ユーザーと直接契約するかたちです。

このことから、自動車保険に詳しい人向けということができます。

【メリット】

≪1≫保険料の安さ
ダイレクト系自動車保険は、やはり「保険料が安い」ということが最大のメリットでしょう。インターネットなどでの通信販売、という方法をとることによって、人件費その他をカットし、保険料に反映させることができるのです。

≪2≫インターネットの利便性に長けている
まず、見積もりです。電話での見積もりも可能なのですが、便利なのはインターネットでの依頼です。サイトの見積もり申し込みフォームに記入するだけで、24時間どこからでも見積もりを依頼することができます。結果はメールなどで送られてきますので、好きなときに見積もり依頼をし、結果を比較検討することができます。

また、保険の相談も、電話やインターネットを通じてできます。以前のように、自宅などに保険会社の人を呼ぶわずらわしさがありません。

【デメリット】

≪1≫契約内容にズレが生じやすい
とくにインターネットでの申し込みは、手軽であるだけに注意が必要です。ダイレクト系自動車保険を契約していて、事故が起こったときそこで初めてユーザー側が期待していた内容と実際の契約内容が違っていたことが判明した、などという話も時々見受けられます。

代理店を経由していたら担当者から内容説明があったことも、ダイレクト系の多くの保険では省かれるからです。必ず約款をよく読み、内容を把握しておくことが大切です。

≪2≫事故処理の対応に不安がのこる?
代理店と違い、全国に数ヶ所ある事故対応センターで一括して事故処理を請け負っています。主に電話と郵送にての事故処理になりますので、とくに保険に詳しくない人にとっては、不安の残るところかもしれません。事故の際に過失割合が大きい場合などは、保険会社との交渉を自分ですることになるケースもあるようです。

また、一般にダイレクト系は、最初から等級の高い優良ドライバーを集めて契約を結んでいますので、事故処理の経験が乏しい、と指摘する声もあります。

しかし、実際のところはダイレクト系であってもおおむね事故処理に不満の声は少ないようで、むしろ初期対応の速さや的確さに満足している声も多くみられるようです。

ダイレクト型保険会社

ダイレクト型保険会社としては、アクサダイレクト・三井ダイレクト等があります。

代理店を通した自動車保険

代理店にもさまざまあり、販売店や整備工場などが兼営している「兼業代理店」と、いわゆる「プロ代理店」の2種類に分かれます。プロ代理店のほうは自動車保険だけでなく、損害保険を全般扱っているところもありますので、保険の一元管理をしてもらうことも可能です。

保険会社とユーザーのパイプ役になってくれますので、初心者でも安心して任せることができます。

【メリット】

≪1≫よりきめ細かいサービスが可能
自動車保険に関してきめ細かなサポートが受けられます。保険は難解なことも多くありますので、電話などより対面でやりとりをしたほうが、深い理解を得られやすいかと思います。

≪2≫事故後の対応を援助してもらえる
事故後の処理は大変なものですが、代理店の力を借りればスムーズに済ませることができます。契約者側に有利に、迅速に、かつ円満に解決されるよう、努力をしてくれます。

≪3≫信頼関係による安心・情報収集
おつきあいを続けていく中で、信頼関係を築くことができます。安心感が得られるとともに、保険の情報収集にも役立つでしょう。ちょっとした裏事情なども聞くことができます。

【デメリット】

≪1≫保険料が高くなる
いわゆるマージンを取るわけですので、ダイレクト販売よりは一般に保険料が高くなります。安心をとるか、保険料をとるか、といった選択でしょうか。

≪2≫代理店にも良し悪しがある
まず、代理店にも特級・上級・普通・初級などとランクがありますので、契約の際にはチェックしておいてください。

優秀で親切な代理店に出会うことができれば良いのですが、頼りがいのない代理店も中には存在します。

大切なのは事故処理のときの対応でしょう。知識が豊富で、さらに各交渉において相手に好印象を与えつつ、こちら側に有利にすすめてくれるような手腕のある代理店・担当者を見極めるのは、なかなか難しいと思います。自動車の整備工場など、周囲の評判を聞きながら決められるのが良いでしょう。

代理店型保険会社

代理店型保険会社としては、NTTイフ等があります。

ページトップへ↑